頭を使う仕事とはどんな仕事ですか?


・頭を使う仕事をしたい!
・でも頭を使う仕事とはどんな仕事なのでしょうか?

「頭を使う仕事」と聞いてもイメージはできても具体的にどんな仕事なのか?
その最終形態をイメージできる人は多くはいません。

頭を使う仕事とは、創意工夫を必要とする仕事。
つまり、AIやRPAなどのプログラミングでは制御できないクリエイティブな仕事といえます。

では、具体的にどんな職種が当てはまるのか?
一例を挙げるとしたら以下のような仕事が当てはまります。

【職種1】ITエンジニア
【職種2】コンサルティング
【職種3】WEBデザイナー
【職種4】ゲームクリエイター
【職種5】経理・財務

参考:頭を使う仕事でおすすめ職種8選とその理由【もし苦手で向いてない人は転職推奨】

上記の仕事の共通点は「クリエイティブ」
人の創意工夫と企画、ディレクションが必ず必要になる仕事です。

これらの仕事のエキスパートと目指せば将来性あるスキル。
つまり、市場価値の高い人材に成長することも可能です。

今まさに頭を使う仕事を目指したい方。
これから転職活動を行う予定の方は、ぜひ参考にしてみてください!