ブラックの人がクレジットカードの審査に申し込むときに注意するべきこと


信用情報会社に事故情報が残っていると、ブラック扱いになるのでクレジットカードの新規発行が難しくなります。クレジットカード会社によっては、審査に通過できることがあります。ブラックの人がクレジットカードに申し込む時に、注意するべきポイントは以下の通りです。借りたお金は期日通りに返済し、可能なら前倒しで完済しておくと、返済能力があることをアピールすることができます。クレジットカードの申し込みをする前に、返済が終わっていないキャッシングは返しておきましょう。ブラックの人があまり大きなショッピング枠を申請すると、クレジットカードを現金化するのではと疑われてしまいます。ショッピング枠は最低水準にして、キャッシング枠があっても0円にしておいたほうが無難です。クレジットカードのキャッシング枠も、総量規制の対象になりますので、枠が設定できても0円に留めておきましょう。ブラックの人はクレジットカードの申し込み書につい嘘を書きたくなってしまいますが、これは厳禁です。事実と異なることを申し込み書に書くと、信用情報会社に照会した内容や、源泉徴収票の内容と違っている部分があると、信用をごっそりと失います。多少の脚色も、事実と違う情報を提出していると思われてしまったら、審査で断られます。ブラックの人でも以上のことを注意して申し込むことで、クレジットカード会社よっては審査に受かる可能性があります。オンラインカジノは違法・合法