ナッツ類の効果と食べ方等について調べました


あなたは、普段からナッツ類を食べていますか。
私は、食欲が落ちていて食事が摂取しづらい時は、よくナッツ類を食べるようにしています。
ナッツ類は、「天然由来の脂肪」を摂取することができて、一日に必要な分だけ脂肪が得られます。次に「食物繊維を摂ることができる。」ことです。
食物繊維が多く含まれる食材として「ごぼう」がありますが、ナッツ類にはごぼうの2倍の食物繊維を摂ることができます。食物繊維が多く含まれていることから、子供のおやつや大人のおつまみにお勧めします。
「クルミ」は、脂肪酸が多く含まれており、身体にも優しいと言われています。そんな中でも、クルミは血行をよくするだけでなく、血管へのダメージを和らげることができて、生活習慣病の予防に効果が期待できます。
アーモンドは、一粒一粒が大きく、栄養価が高いことから貧血の予防や美容、特に甘いものとの相性がよいことが特筆です。
「カシューナッツ」は、鉄分と亜鉛が多く含まれており、貧血予防に効果が期待できます。「マカダミアナッツ」は、昔から「ハワイ」のお土産でマカダミアチョコレートが有名ですが、マカダミアナッツも血流をサラサラにする効果があります。ピーナッツも、生活習慣病の予防の他に、赤い薄皮に「アントシアニン」が含まれており、目にも優しいナッツです。
ナッツ類の食べ方として、おやつにはナッツ類とチョコレートと一緒になっているものを食べると、食欲増進の他にナッツ類のそれぞれの効果が出てきます。
おやつにもおつまみにも最適なナッツ類ですが、そこには落とし穴があります。
それは「おやつは『甘味』、おつまみは『塩味』に注意。」することです。
だいたいのナッツ類は、焙煎されており、口当たりがサクッとしているのが特徴です。
一日25gまでにしておかないと、チョコレートなら「糖分」、ミックスナッツは「塩分」の摂り過ぎにはくれぐれも注意して欲しいです。
ナッツ類は、生のままがいいのかと「焙煎」(ローストがいいのか。と意見が分かれますが、歯の噛み合わせが弱っているなら生のままで、歯の丈夫な方は焙煎して食べると、安全にナッツ類を食べることができます。
焙煎したものでは、歯ごたえがよくなるだけでなく、香りも生より香ばしいので、食欲が増すという効果もあります。
この10年で、「アーモンドミルク」という飲み物が日本でもだいぶ浸透してきました。アーモンドミルクは、生のアーモンドを水に漬けておいて、アーモンドが柔らかくなったら飲用にさらに漬けておいて、牛乳みたいに白く濁るまでおいておきます。
スーパーマーケットで売っている生のアーモンド1袋に対して150CCの水に漬けて、アーモンドが柔らかくなったら水を取り替えて600CC(4カップ)の水でアーモンドをふやかせば完成です。
1日25粒を目標に食べるとよいとされているアーモンドですが、さすがに毎日になるとつらいので、このアーモンドミルクを200CC飲むだけで1日分のアーモンドを食べると同等な効果が出てきます。
美容にもダイエットにも働くことができます。
ただ、アーモンドミルクは、普通の牛乳より割高で、必要以上に飲み過ぎるとお腹を下しやすくなるので、注意が必要です。
アーモンドミルクは、冷蔵庫に保存して冷たいままで飲んでも大丈夫ですが、「冷たいのはちょっと。」という方は、電子レンジでだいたい50度まで上げると飲みやすくなります。
私ははじめ、アーモンドミルクはアーモンドと牛乳を混合させた飲み物と思っていましたが、生のアーモンドと水だけで作ることができることを知って、とても驚きました。
ナッツ類の効果と食べ方について色々と調べてみましたが、確かに1日25gまでを守ればダイエットや美容にとてもよいとされているので、私も今後の「アンチエイジング」としてナッツ類を食べようと感じています
techacademy 評判