ダイエットは適度な食事制限と運動が肝


ダイエットは適度な食事制限と運動はとても大切で、これなしで痩せることはないと考えても良いでしょう。
あ違った方法でダイエットをしようとすると、健康に悪影響があったりリバウンドしてしまうこともあるので気を付けなければいけません。
ダイエットに失敗しないために食事と運動についてお伝えします。
食事
どれだけがんばって運動しても、摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまうと痩せることは厳しくなります。
そのためにはまず、ご飯やパンを減らす、脂っこい食べ物は避ける、極力間食をしないようにする、といったことが大切です。
日頃から買い物でカロリーを確認するクセを付けるようにしましょう。
そしてダイエット中は食事の栄養バランスにも気を配らなければいけません。
筋肉が減ると痩せにくくなってしまうので、筋肉の元となるたんぱく質は積極的に摂取したい栄養素です。
ささみや鶏むね肉など脂肪分が少ない肉類や豆腐、具だくさんの野菜スープ、千切りキャベツなど揚げ物は減らして品数を多くしてみて下さい。
そうすることで、偏食になることなくお腹いっぱいにできて空腹をしのぐことができます。
もしダイエット中にお米が食べたくなったら、もち麦入りのおにぎりを食べると良いですよ。
もち麦には食物繊維が豊富に含まれていてダイエッターにはうれしい食べ物なのです。
だけど、毎日栄養バランスを考えるのは大変だしそんなに買い物に行く時間もない、というのであればサプリメントを利用するのもありです。
色んなサプリメントがあるので、自分が補いたい栄養素が入っているサプリメントを選ぶと良いでしょう。
ビレイズム」で複数のサプリメントの口コミがあるので、探してみて下さい。
でも、サプリメントを飲むからといって普段の食事管理はおろそかにしてはいけませんよ。
運動(無酸素運動・有酸素運動)
無酸素運動は主に筋トレになります。
こちらは一日に一時間も二時間もやる必要はないので、自分ができる範囲で週に3回ほどのペースで行うといいでしょう。
同じ部分ばかりを鍛えるのではなく、腕、胸、腰、足など色々な部分を日替わりで鍛えるようにして下さい。
有酸素運動はジョギング、ウォーキング、ヨガなどになります。
あまり短時間で楽すぎるとあまり意味がないので、ちょっと疲れるなというぐらいの時間を行うようにしましょう。
だからといって最初からペースを上げなくてもいいので、数分から始めてみて下さい。
徐々に時間を伸ばすと体が慣れてきて、長い時間続けることができるようになると思います。
無酸素運動も有酸素運動も自分が続けやすいペースで行うことがポイントです。
ダイエットで失敗しないためにはバランスの良い食事と適度な運動が大切で、どちらも「適度に」行うことがコツとなってきます。
要するになんでもやり過ぎは良くないということで、無理な食事制限は健康に良くないしリバウンドすることもある、無理な運動は負担になって長続きしなくなる、というリスクがあるということですね。
健康的に痩せるためにも、長く続けられるダイエットを心掛けましょう。